関係スタッフ

HOME » 関係スタッフ » メンバー紹介

メンバー紹介

English

広島大学歯学部の国際プログラムに関する教育・研究およびその運営は国際歯科医学連携開発学研究室国際歯科医学連携開発センターが中心となっています。

国際歯科医学連携開発学研究室

教授加藤 功一(兼任)
加藤 功一
特任講師岡 広子
岡 広子
特任助教タオ
タオ
高田 隆(教授、兼任:2011年4月-2014年4月)
高田 隆
ケテゥット スアルディタ(特任准教授:2012年10月-2014年3月)
ケテゥット スアルディタ
ウディヤント テジョサソンコ(特任准教授:2011年4月-2012年9月)
ウディヤント テジョサソンコ

国際歯科医学連携開発学研究室

特任助教 タオ

PHUONG THAO NGUYEN

OFFICE

1-2-3 Kasumi, Minami-ku, Hiroshima 734-8553
JAPAN

EDUCATION
10/2011 - 10/2013
JSPS Postdoc Fellowship, Hiroshima University, Japan
10/2008 - 9/2011
Doctor of Philosophy, Hiroshima University, Japan.
10/2006 - 9/2008
Resident in University of Medicine and Pharmacy at HCMC, Viet Nam.
10/2000 - 7/2006
Doctor of Dental Surgery (D.D.S.), University of Medicine and Pharmacy at HCMC, Viet Nam.

Dr. Nguyen obtained her D.D.S. degree from University of Medicine and Pharmacy at Ho Chi Minh city, Viet Nam. She completed her Ph.D. study and JSPS postdoc fellowship in Oral Maxillofacial Pathobiology department, Hiroshima University (HU). She is working on cancer invasion and metastasis of head and neck squamous cell carcinoma.

Currently, Dr. Nguyen is managing HU Dentistry’s international relations program to build the friendships and mentorships between HU Dentistry and sister universities around the world, that play integral role in student exchanges. Moreover, she continues conducting her research on cancer field, helping graduate students and undergraduate students’ research.

PUBLICATIONS
  1. 1. The FGFR-1 inhibitor PD173074 induces mesenchymal-epithelial transition through the transcription factor AP-1. Phuong Thao Nguyen, Takaaki Tsunematsu, Shunryo Yanagisawa, Yasusei Kudo, Mutsumi Miyauchi, Noboyuki Kamata and Takashi Takata. British Journal of Cancer. (2013) 109, 2248–2258.
  2. 2. N-cadherin expression is involved in malignant behavior of head and neck cancer in relation to epithelial-mesenchymal transition. Phuong Thao Nguyen, Yasusei Kudo, Maki Yoshida, Nobuyuki Kamata, Ikuko Ogawa and Takashi Takata. Histol Histopathol (2011) 26: 147-156.
  3. 3. N-cadherin expression is correlated with metastasis of spindle cell carcinoma of head and neck region. Phuong Thao Nguyen, Yasusei Kudo, Maki Yoshida, Shinji Iizuka, Ikuko Ogawa, Takashi Takata. Journal of Oral Pathology and Medicine (2011) Jan; 40(1):77-82.
  4. 4. Periostin Directly and Indirectly Promotes Tumor Lymphangiogenesis of Head and Neck Cancer. Yasusei Kudo, Shinji Iizuka, Maki Yoshida, Phuong Thao Nguyen, Samadarani B. S. M. Siriwardena, Takaaki Tsunematsu, Mariko Ohbayashi, Toshinori Ando, Daijiro Hatakeyama, Toshiyuki Shibata, Keiichi Koizumi, Masahiro Maeda, Naozumi Ishimaru, Ikuko Ogawa, Takashi Takata. PLOS ONE (2012) Aug; 7(8): 1-14.
  5. 5. Oral squamous cell carcinoma and cultural oral risk habits in Vietnam. SL Priebe, J Aleksejūnienė, C Zed, S Dharamsi, DHQ Thinh, NT Hong, TTK Cuc, NTP Thao. International Journal of Dental Hygiene (2010) Aug; 8(3): 159-168.

特任講師 岡 広子

岡 広子

ReaD & Researchmap

私は愛知県名古屋市で生まれ、高校卒業まで名古屋市で過ごしました。 高校生のときに法医学や法医歯科学のエッセーやテレビ番組に影響を受け、広島大学歯学部に入学。でも歯学部の6年間は歯科医師になるための勉強に取り組みつつ、部活動ではじめた弓道にどっぷりつかる生活を送っていました。

口腔内の診断を勉強できるということで広島大学大学院へすすみ、今度は「セメント芽細胞の各種機能の解明」という研究に没頭しました。セメント芽細胞は歯根の周りにいる細胞です。この時の研究が「歯の根が解けるはなぜ溶けるときと溶けないときがあるのか」という疑問につながり、最近の自分自身の研究テーマへ発展しています。また、口腔総合診療科や開業歯科医院で歯科医師として臨床の研鑽を積みました。

その後縁あって、大学院教育プログラムに関わり、さらに本国際歯科医学連携開発学研究室へ異動しました。いわゆる「歯医者さん」としての仕事は最近ほとんどしていませんが、国際歯学コースをはじめとする広島大学歯学部の国際プログラムに携わる中で、歯科医師が中々かかわらないことにも挑戦できとても刺激的です。

「法医歯科学に関わりたい」という目的に引っ張られて行動してきた私ですが、23年3月に発生した東日本大震災の被災者身元確認作業に協力するなかで、一人でできることの限界を痛感し「連携」することや「人を育てる」ということについていろいろと考えさせられました。この研究室で「法歯学」という分野においても今までと違うアプローチができる新たな可能性を見出し、挑戦していきたいと考えています。

<学生の皆さんへ>

私は、身の回りにある出来事はすべて自分の人生において意味を持つと思っています。学部生の皆さんには、自分から動き出し色々なチャンスをつかんでほしいし、めぐってきたチャンスはどんなものであれ、まず取り組んでほしいと願っています。

過去のメンバー

  1. 2012年のメンバー
  2. 2011年のメンバー