国際プログラム

HOME » 国際プログラム » 概要

概要

English

広島大学歯学部では下記の国際プログラムを毎年行っています。その他隔年、あるいは不定期のプログラムも開催します。

国際歯学コース

海外の歯学部学生が4年間、広島で広島大学歯学部学生と歯学専門科目を学ぶプログラムです。

広島大学歯学部は、2011年度より、本学と学術交流協定を結んでいるアジアの歯学部から特別聴講学生を迎えて国際歯学コースを開始しました(当面毎年3名の予定)。海外からの特別聴講学生は、半年間の日本語研修・基礎教育ののち2年生前期から広島大学歯学部の日本人学生とともに3年6か月の間、専門教育を受けます。日本人学生にとっても自分が生まれ育った国以外の人々を共に学び、遊び、意見を交わす時間を過ごすことは、お互いの国際感覚の醸成とグローバル化対応能力・ネットワークの強化に大変有意義です。このプログラムを通して、我々はアジアにおける将来の指導的人材への基盤形成を目指します(図1)。国際歯学コースの開始に伴い、歯学部の科目は順次、dual linguistic education システム(英語と日本語併用)を取り入れています。

国際歯学コースの概略(図2)

国際歯学コースの外国人学生は、来日後半年間の日本語研修や基礎的教育を受け、翌春より専門基礎教育、専門臨床教育、臨床予備実習からなる3年6か月のプログラムを受けます。基本的に、1年目の4月からは広島大学歯学部2年次生の日本人と合同の講義および実習として、3年6か月のプログラムを受けます。その後、母国において必要な臨床実習を行い、母国で歯科医師国家試験を受験します。指導は基本的に英語で行い、日本人学生と合同の講義および実習では英語と日本語を合わせたdual linguistic education システムで教育します。

短期国際交流プログラム

本学と学術交流協定を結んでいる海外の歯学部から短期間学生を受け入れる、あるいは広島大学歯学部の学生が協定校へ赴くプログラムです。プログラムでは、現地の大学の教員の講義を受けたり、演習に参加したりして交流を図るだけではなく、歴史や文化を学ぶ機会も設けられています。プログラムによっては、単位互換の可能な場合もあります。協定校のプログラムに関しては各校からの案内をご覧ください。

広島大学歯学部から海外へ

長期休暇期間を利用して、広島大学歯学部の学生が海外での医療支援活動や協定校でのプログラムに参加しています。

問い合わせ:歯学部学生支援グループへお問い合わせください。

協定校から広島大学歯学部へ

海外の協定校から学部学生を短期間受入れ、講義や演習等への参加を通し広島大学歯学部学生との交流を図るとともに相互理解を深めます。国際歯学コース開講に伴い、英語―日本語のシステムを使用した講義や演習を日本人学生と受講する場合もあります。広島大学歯学部では例年、夏・秋・冬に学生を受け入れてきました。次回の時期内容、受け入れ人数に関しては、協定校窓口を通してお知らせいたします。

お問い合わせ:母国の大学を通じて広島大学歯学部へお問い合わせください。

 

その他

カンボジア医療支援

歯学部では、2009年から広島県や県内のNGOと協力し、学生・教職員・OBなどから成るチームで、歯科医療の行き届かないカンボジアの小学校や村を訪問し、歯科保健医療支援活動を展開しています。
カンボジアでは長い内戦などの影響から歯科医師数が不足し、特に農村部では歯科受診が難しいため、たくさんのむし歯や歯周病が未治療のままです。
歯科健診や治療を行う他、予防のための歯みがき指導や口腔衛生指導にも力を入れています。カンボジアの大学歯学部や保健省、現地の病院とも協力し、活動の輪を広げています。

若手研究者戦略的海外派遣プログラム
「国際歯学協同推進を通した国際歯学コース指導者養成のための頭脳循環プログラム」

日本学術振興会の「頭脳循環を加速する若手研究者戦略的海外派遣プログラム」によって、2011年度から広島大学歯学部若手教職員が、海外の大学等研究機関へ派遣されています。国際的な頭脳循環の活性化を通じた日本の学術振興のみならず、広島大学歯学部と海外との教育・研究の連携強化の礎となることが期待されます。

広島カンファレンス

第5回を迎える広島カンファレンスは2013年10月12-13日に開催予定です。詳しくは下記のホームページをご覧ください。

第5回広島カンファレンス>>

国際交流大学セミナー

国際交流大学セミナー要綱(57.5KB)